針子の乙女

著:ゼロキ イラスト:竹岡美穂

針と蜘蛛と精霊で織りなす幻想的な異世界裁縫ファンタジー物語、始まります。

伝説的な人気を誇る作品、待望の書籍化!

NOW ON SALE! 『針子の乙女』

  • 1巻立ち読み
  • この本を買う
  • 電子書籍を買う

STORY

前世の記憶を残したまま、異世界の技術貴族ヌィール家に赤ん坊として転生したユイ。ヌィール家は蜘蛛と契約してその糸を使い、衣服に加護を縫い込める力をもっていた。だがユイは加護縫いの能力がないと判断され、落ちこぼれとして奴隷のように冷遇されて育つ。

ユイがなんとか死なずにすんだのは、周りにいる精霊たちが守っていたからだった。そんなユイを救い出したのが、文官のロダンだった。ロダンはユイの針子としての腕を買って自家に引き取ったのだ。

ユイはロダンへの感謝を込めて匂い袋を作る。ユイの初めての加護縫いに、精霊たちも力を貸した。匂い袋を受け取ったロダンは国宝クラスの加護縫いに驚愕するが、さらにユイは縫い物によって傷ついた精霊を治療できることが発覚する。

並外れたユイの能力が知られると、きっと権力争いに利用される——ロダンはユイを守るために前国王アージットに引き合わせ、アージットはユイと、形式上の婚約をすることになった。アージットの息子である国王はユイの加護縫いの腕を知り、ヌィール家の新たなる当主に指名する。新当主として蜘蛛との契約を更新することになったユイが見たのは、誰にも読めないという、魔法陣の中の金色の文字——「カタカナ」で書かれた「最初の蜘蛛」の名前だった——!?

CHARACTER

ヌィール・ユイ
前世は日本人。無尽蔵の魔力と精霊を治療する力をもち、精霊たちに溺愛されている。生家での虐待のせいで言葉が流暢に話せないが、縫い物さえできれば他のことにはあまりこだわらない。
蜘蛛
ユイと契約している蜘蛛。加護縫いは、この蜘蛛の糸に魔力を込めて縫う。
闇精霊 月水精霊 樹木精霊
常にユイについている守護精霊。
ロメストメトロ・アージット
前国王。選択の余地なく結婚した前王妃が、国の守りの要である聖精霊に嫉妬して傷つけたために離縁、自分も責任をとって退位した。
ミマチ
メイドとしても護衛としてもパーフェクトな王族付きメイドで、ユイの専属となる。病的なまでの美少女好きが唯一の欠点。
アリアドネ
ヌィール家の始祖サクラと契約した、蜘蛛の聖獣。ユイやサクラと同じく、前世は日本人。サクラの死後、ユイが名を呼ぶまで長い眠りについていた。
メネス・ストール
ユイ付きの女騎士で、ロダンの恋人。メネス家のしきたりで、家宝である鎧精霊《花冠の鎧乙女》を常に纏っている。
カロスティーラ・ロダン
王宮勤めの文官。王都でも評判の美形貴族で、能力も高い。現国王とは、学生時代からの友人。

DOWNLOAD

  • 1024×768pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
  • 1280×1024pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
  • 1400×1050pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
壁紙のダウンロード
  1. 1.壁紙にしたい画像サイズのダウンロードボタンをクリックします。
  2. 2.表示された壁紙を右クリックし「名前を付けて画像を保存」(ブラウザにより異なります)を選びます。
壁紙の設定
Windowsの場合
壁紙にしたい画像を右クリックし「デスクトップの背景として設定」を選びます。
Macの場合
「システム環境設定」から「デスクトップとスクリーンセーバ」を開き、現在の壁紙サムネイルにダウンロードした壁紙をドラッグ&ドロップします。