『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』著:樫田レオ イラスト:サイトー

もう一度、大切な人に想いを伝えられたら——

『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』NOW ON SALE!

STORY

高校2年生の啓人は、春の初めころからときおり《影》を見るようになった。老若男女、《影》の姿形はさまざまで、生きているようにしか見えない。だが彼らは話しかけても反応を示さず、ただひっそりと存在して、気がつくと消えているのだった。そして、彼らの姿が見えているのは啓人だけのようだった。

その日も啓人は老女の《影》を見た。雨の中、老女を放っておけずに背負った啓人は、彼女に導かれるように一軒の喫茶店に辿り着く。そこで彼は詩葉と名乗る女性と出会った。

詩葉には、《影》が見えていた。《影》とは、亡くなった人が抱いていた大切な想いや言葉が形となったもの――《迷い言》というもので、詩葉は《迷い言》の声を聞いて、伝えたかった人に届ける《伝え人》だという。そしてその喫茶店には、啓人の幼馴染みで2年前に事故で亡くなった閑香の《迷い言》を描いた絵が飾られていた。

事故のとき閑香を助けられなかったことを、啓人はずっと後悔していた。閑香の《迷い言》がいるのならば、探しだして最期の想いを知りたい――啓人は詩葉の店に通いつつ閑香の《迷い言》を探し続ける。そしてついに、幼いころに遊んだ公園で懐かしい彼女の姿を見つけたのだった。閑香が最期に伝えたかった想いとは――?

本当の気持ちを隠し後悔している少年。事故で大切な想いを伝えられなかった少女。少年少女が心に秘めていた、あの日の言葉、あの時の気持ち、あの瞬間の想いを伝える切ない物語。

COMMENT

樫田レオ先生
ファミ通文庫の読者の皆様、初めまして。樫田レオと申します。この度、『詩葉さんは別ノ詩を詠みはじめる』を発売させて頂くことになりました。言葉と想い出、そして別れに纏わる少し不思議で、温かなお話になっています。どうぞ、よろしくお願いします。
サイトー先生
「詩葉さん」の挿絵を担当させていただきましたサイトーです。幻想的、透明感のあるイラストでは髪の毛を一番見て欲しいと思っています。髪の流れ、毛先の色、ハイライト等試行錯誤しながら作業を進めましたので、作品を読みながらその部分も楽しんでいただけると嬉しいです。

店舗特典

  • アニメイト

    樫田レオ先生書き下ろしショートショートペーパー

    店舗特典イメージ

  • ゲーマーズ

    樫田レオ先生書き下ろしショートショート付き8Pブックレット

    店舗特典イメージ

    「ゲーマーズ」ファミ通文庫ネクストフェアページへのリンク

  • メロンブックス

    樫田レオ先生書き下ろしショートショート付き4Pリーフレット

    店舗特典イメージ

  • とらのあな

    イラストカード

    店舗特典イメージ

壁紙ダウンロード

  • 1024×768pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
  • 1280×1024pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
  • 1400×1050pxの壁紙ダウンロードページへのリンク
壁紙のダウンロード
  1. 1.壁紙にしたい画像サイズのダウンロードボタンをクリックします。
  2. 2.表示された壁紙を右クリックし「名前を付けて画像を保存」(ブラウザにより異なります)を選びます。
壁紙の設定
Windowsの場合
壁紙にしたい画像を右クリックし「デスクトップの背景として設定」を選びます。
Macの場合
「システム環境設定」から「デスクトップとスクリーンセーバ」を開き、現在の壁紙サムネイルにダウンロードした壁紙をドラッグ&ドロップします。