拡張少女系トライナリー 〜サマープリズム〜

著:柄本和昭 原作:コーエーテクモゲームス・東映アニメーション カバーイラスト:neco

大人気ソーシャルゲーム『拡張少女系トライナリー』の少女たちの日常を描くエピソード集!

『拡張少女系トライナリー 〜サマープリズム〜』NOW ON SALE!

『拡張少女系トライナリー』とは

016年、首都圏に突如出現した巨大な繭、フェノメノン。その内側に取り込まれた人々は正気を失い、殺し合いを始めるようになってしまった。日本政府は、この現象を収束するべく、特殊部隊を結成した。総務省情報管理庁管轄拡張現実特殊戦略隊群特別攻撃隊。またの名を、拡張少女系トライナリー。それは、トライガジェットという特殊な装置を扱う能力があり、フェノメノンを収束させる力を持つ少女たちだった——。

  • ゲーム公式サイトへのリンク
  • アニメ公式サイトへのリンク

小説『サマープリズム』のストーリー&キャラクター

フェノメノンに対抗して戦うトライナリーのメンバーも、年頃の女の子。ふだんは学校やバイト、カフェでのおしゃべりやショッピングを楽しんでいる。そんな少女たちの初夏の日々を、5編のエピソードで綴ります♪

  • 第1話◆ 「初めての女子会」

    つばめは、クラスメイトで同じトライナリーの新人である●楽ともっと仲良くなりたいと思っていた。それに気づいたみやびが、お泊まりパジャマパーティーを提案する。張り切って準備を始めるつばめだが、パジャマパーティーがどんなものか知らなくて——。

  • 第2話◆ 「映画館ハプニング」

    人見知りのガブリエラは、人懐こいつばめを相手にするとつい身構えてしまう。もっと自然に付き合えるようになりたいと、つばめを映画に誘ってみた。ところが映画館で上映していたのは、超怖いと噂の和風ホラーで……!

  • 第3話◆ 「百合色の花嫁」

    純白のウェディングドレスをまとって新婚生活に思いを馳せる綾水。それを見かけたみやびは、トライナリーのメンバー全員に写真をメールしてしまった。『國政綾水、結婚ス』。盛り上がるメンバーの中で、ひとりガブリエラだけは大ショックを受けて——。

  • 第4話◆ 「恋ヶ崎みやびの極秘日記」

    ある夜、みやびは日記帳がなくなっていることに気づいた。日記の中身は他のメンバーにも漏らせない最重要機密事項——。みやびは、秘密裏に日記を取り戻そうと行動を開始する。それがトライナリーの寮全体を揺るがす事件の始まりだった。

  • 第5話◆ 「ひそかなる想い」

    神楽とガブリエラのラノベ談義が発端で、トライナリーのメンバーがリレー小説を書くことになった。みやび、綾水、ガブリエラと進んでつばめの番に。うまく書けるか自信がないというつばめに、神楽は、自分たちが登場人物になりきってみようと提案して——。

  • 逢瀬つばめ

    静岡県出身の15歳。素直で純朴、人を疑うことを知らず、いつでもまっすぐ全力投球の女の子。

  • ガブリエラ・ロタルィンスカ

    メンバー最年少の14歳。上から目線で強気に見えるが、実は人見知りが激しく他人との距離を測りかねている。

  • 國政綾水

    21歳の大学生でリーダー格。子ども好きで、料理や裁縫が得意と女子力が高いが、趣味はバイクという一面も。

  • 恋ヶ崎みやび

    コンピュータが得意で、部屋はコンピュータ関係のジャンクパーツや工具などが散乱している。いつも和服を着て、土佐弁で話す。

  • 卯月神楽

    つばめと同じ15歳。学校ではしっかりしていて非の打ち所のない優等生。ライトノベルやアニメが大好きで、SNSで自作の詩や小説を発信している。