エンデンブルクの花嫁 

結婚から始まるエンデンブルク国王の波乱の国興し、開幕!

『エンデンブルクの花嫁』 NOW ON SALE!

水城みなも  イラスト:やすも

エンデンブルク王国国王 スレン・エンデンブルク/エルフの国の王女 エユラン・グロッソニア/人魚族の王女 ヴィア・シルドラド北にはエルフの治める森、南には人魚族の棲む海、そして隣は強大な帝国。3国に囲まれた辺境の小国、エンデンブルクの若き王、スレンは決意した。

エルフの姫君も人魚の姫君も、本当に来ましたよ。ご主人様には悪徳商人の才能がありますね。

花嫁はふたりとも両国が誇る美姫だったが、種族間の確執があって仲は最悪!

ご主人様への好感度はゼロでもかまいません。が、お二方には種族間の友好の証として国民に接していただきたいのです。

かくして始まった、エンデンブルク王家の王と花嫁の日々は——

ご主人様は、昼は城下町の視察、夜は事務仕事です。

人魚族のヴィア様は、よく海に泳ぎに行っています。

エルフのエユラン様は、『政略結婚で貴方が好きなわけではないから勘違いしないでくださいます?』とご主人様に宣言してらっしゃいました。

そうこうするうち、あることがきっかけで花嫁たちがスレンを意識するようになり、国の商売も軌道に乗り始めたと思われたある日、帝国から賄賂大好きな外交官がやってきて—!?

穏やかなスレンが大激怒! エンデンブルク王国に危機が迫る!!

水城みなも先生 コメント

Q1 『エンデンブルクの花嫁』発売おめでとうございます! 本作の一番の見どころを教えてください。

Q2 水城先生一推しのキャラクターを教えて下さい。

Q3 読者へのメッセージをお願いします!

やすも先生 コメント

Q1 本作品で一番のお気に入りのキャラクターと、そのキャラクターのどこが好きか教えてください。

Q2 読者へのメッセージをお願いします!