『見習い神官レベル1』

STORY

ヨシュア・バレクのこれまでと、これから…?

第1巻 見習い神官レベル1〜でも最凶の嫁がいる〜

神官養成機関『星紺の塔』で学ぶヨシュアは、同期でいちばん年長者なのに、神官の基礎の基礎、神魔を召喚して使役する「魔操」が全然ダメ。というのも、彼は密かに強大な神魔・スーリィンと婚姻の契約を結んでいて、生半可な神魔ではスーリィンにビビって逃げ出してしまうのだ。
  • 同期でいちばん年長者
  • 魔操
  • 嫁
  • 元・腕利きの暗殺者

第2巻 見習い神官レベル1〜放課後は朝まで砂漠で〜

『星紺の塔』に入学してから10ヶ月――ヨシュアは相変わらず魔操ができないまま。夜中にこっそり、優等生のティエルに魔操を教えてもらっていたが、上達のきざしはカケラもない。その上、夜な夜な寮を抜けだしているのを、超厳格な最上級生、アフェクに見つかってしまった! それでなくても危ない進級がますますピンチ! だが、絶望に駆られるヨシュアに、アフェクはある取り引きを持ちかけてくる。それは――?

取り引きって、何!? ヨシュアは『塔』に残れるのか?

気になるこの続きは第2巻で!!

TOP CHARACTER 元・最強暗殺者&嫁、そして仲間たち STORY ヨシュア・バレクのこれまでと、これから…?